ワクチンをご検討の飼い主様へ
  当院でのワクチン接種では以下の点に注意して接種しております。
   ワクチンの副反応の観点から、
  終日診療の日は午前のうち(困難であれば午後は17 時までなら可)、
  水曜は午前診療なので午前10時までの来院を推奨しております。

<子犬、子猫さんの場合>
○	犬の場合は生後50日以降
(当院のプログラムですと生後50日、生後90日、生後120日と3回接種が理想です。)
○	猫の場合は生後60日以降
○	家に来てから1週間以上経過している
○	体調に異常がない

これらの条件を満たしている子で接種可能となります。

<成犬の場合>
○	現在当院では6種、8種の混合ワクチンおよび狂犬病ワクチンを取り扱っております。(変動する場合が
  あります)
○	狂犬病ワクチンではひたちなか市の方におきましては登録、継続手続きが当院で可能で、東海村に在住の方におきましては継続手続きが可能となっております。それ以外の地域に在住の方は接種証明書を市役所、役場等の狂犬病ワクチン接種を管轄している部署への届け出を飼い主様にお願いしております。
また、ひたちなか市以外に在住の方で生まれて初めての狂犬病ワクチン接種をする方は注射の前に前もって市役所、役場等に登録手続きをしていただく必要があります。
○	狂犬病ワクチンと混合ワクチンは基本的に同時接種はしておりません。
※	狂犬病ワクチンを先に接種した場合、1週間以上あけて混合ワクチンを接種します。
※	混合ワクチンを先に接種した場合、3週間以上あけて狂犬病ワクチンを接種します。

<成猫の場合>
○	現在当院では3種、5種の混合ワクチンおよび猫エイズワクチンを取り扱っております。(変動する場合があります)
○	生まれて初めてワクチン接種した場合、追加で3週間後に再度ワクチン接種します。
○	初めて5種混合ワクチンをご希望の方で白血病の抗体検査をしていない子ではまず抗体検査をさせていただく必要が
  あります。

【ワクチン接種後の注意点】
○	1週間はシャンプーは控えて下さい。
○	接種後2時間以内で顔が腫れる、体を掻きむしる、元気がないなどの症状がありましたらご連絡下さい。
○	子犬さんの場合、3回目のワクチンが終わって2週間程経過してから外の散歩をするようにした方が安心です。

【その他の注意点】
○  手術を予定をしている子は、手術の前後2週間はワクチンを控えるようにしております。
○  前回他院で混合ワクチンを接種した方は、その時の接種証明書をお持ち下さい。
○  ひたちなか市、東海村に在住で狂犬病ワクチン接種ご希望の方は、各市町村から届いているハガキをお持ち下さい。

☆	ワクチン接種の際、便をご持参頂ければ(小指の第一関節程の量で構いません)無料で検便
    いたします。
          ※上記は当院の方針であり、他院と異なる場合があります。ご了承下さい。

HOMEに戻る